自分で浮気調査をする方法


パートナーの浮気を疑ったとき、「まずは自分でできることをなるべくお金がかからない範囲でやってみよう」と思う気持ち。よくわかります。

私のことを元プロ(探偵)だと知っている友人からも、似たような相談を受けることもあります。

確かに、プロから言わせれば、「なるべく下手なことはしないで欲しい」というのが本音ではあります。というのも、浮気調査にかぎらず、どんな調査であれ、対象者に「調査されている」「疑われている」と気づかれてしまうと一気に調査の難易度が上がってしまうからです。

例えば、一度でも尾行された経験がある対象者は、徒歩なら度々振り返ります。電車に乗るときは車両を移動したり、扉が閉まる瞬間に乗り降りしたりします。車であれば、急な方向転換や信号が変わる瞬間を狙った急発進などをして、いるかもしれない尾行をまくことを試みます。

そのため、プロの探偵は、調査を絶対に気づかれないよう細心の注意を払いますし、少しでも気づかれそうな状況であれば、その日は調査を中止するくらいです。

自分で浮気調査をやらない方がいいの?


ハッキリ言って、バレるくらいなら絶対にやらないほうがいいです!
以下に、過去の体験から素人が自分でやると必ずバレる浮気調査ランキング(何だそりゃ)を用意しましたので、参考になれば幸いです。多分、同業者の方がご覧になっているとすれば、「あるある」と頷かれていることでしょう。

3位 自分で尾行してみました。
亜種に、友達に尾行してもらいました。というのもありますが、素人の尾行ほど怖いものはありません。テレビドラマの影響か、アレならできるんじゃないか?と思われたのでしょうね。また、自分の目で確かめたいという思いが無謀な行動させてしまったのかもしれません。なぜバレるかというと、尾行のスキル不足というのももちろんですが、知り合いは気づきやすいものなのです。皆さんだって、家族や友人を町中でチラッと見かけただけでも、ほとんど見間違えないでしょう?

2位 手帳を調べました。
これ、センス良いですね。実は、悪くはないんです。手帳は、PCやスマホを勝手に閲覧するより履歴が残りにくいのでいいのですが、やっぱりそこは素人の浅知恵で、手帳から知り得たスケジュールなどの情報をうっかり相手に話してしまって「なんで知ってるの?」となってしまうケースが非常に多いのです。探偵事務所で依頼を受けた場合でも、依頼者さんに手帳から情報を得る協力をしてもらうこともあります。その際は、手順から気をつけるべき点などしっかりとレクチャーをしたうえで実施していただきます。

1位 メールやLINEを調べました。
はい、1位はこれです。ま、時代ですかね~。これ、閲覧履歴が残りやすいので注意が必要です。素人でも簡単にパスワードを解除するソフトなんかも手に入れることができるので、思い切ってやってしまう人も多いのですが、注意が必要です。ポイントは、相手に覚られないということですからね。しかも、後ろめたいことがある人は慎重なんですよ。そのパワーを別のことに使えばいいのにとも思ってしまうくらい。

探偵事務所に依頼をされた場合でも、依頼者さんにやってもらう作業と探偵が行う作業と両方があります。
ですから、あまり、勝手にあれこれする前に、相談だけでもしてみるほうが、結果お得で近道です。

ちなみに、私の経験の中でも、「他社の探偵が失敗した案件」を弁護士から持ち込まれたケースでは、通常の5倍の人員と車両、3倍の調査期間を用意せざるを得なかったので、調査料金も数百万円かかってしまいました。

そうならないためにも、アレコレ状況を悪くする前にまずは相談がベストです。
プロフィール
ようこそお越しくださいました。
当サイトの管理人をしております元探偵のイチローです。
某大手探偵会社で8年ほど支社長をしておりました。
私の経験が少しでもお役にたてば嬉しいです。
QRコード
このサイトは携帯に対応しています
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0
総合探偵社AMUSE(アムス)
総合探偵社AMUSE(アムス)
ヒューマン探偵事務所
ヒューマン探偵事務所
HAL探偵社
HAL探偵社
ISM(イズム)調査事務所
ISM(イズム)調査事務所
総合探偵社TS
総合探偵社TS